メイン画像
HOME > 聴衆の心を打とう

聴衆の心を打とう

企画や提案を提示して、それをただ説明するだけではプレゼンテーションとは不十分です。プレゼンテーションでは、聴衆の心を惹きつけ興味をもらせることが必要不可欠です。なぜ聴衆に伝わらないのか、何がいけないのか、上手く表現するにはどうしたら良いのか、その答えはプレゼンターと聴衆との関係にありました。

「事実の寄せ集め」では不十分

例えば、プレゼンテーションの際に、製品の詳細スペックや機能の概要といったデータ、つまり、事実を山のように盛り込んだとしても、聴衆が共鳴し、共に行動を起こしてく…

効果的な伝達方法は「ストーリー」

他のどんな芸術形態にも勝る、情報を効果的に伝えるための強力なツールがストーリー(物語)です。誰かの身に起きた変化を目の当たりにすることで、教訓を得るのが人と…

プレゼンテーションでの「自分語り」はご法度

プレゼンテーションに関して、絶対に忘れてはいけないのが「プレゼンテーションは自分語りの場でない」ということです。例えば、自己中心的で知ったかぶりをする人に…

プレゼンテーションの主役は聴衆

「自分のアイデアを彼ら(聴衆)に授ければ、世界は必ず変化を起こす」。こんな態度がにじみ出ているようでは、聴衆の共感は得られません。聴衆の支持と結束無くして、あ…

ページTOPに戻る